香水の保存方法


以下の三つの条件に注意して保存しましょう。

1.
空気
空気に触れると酸化して変質してきます。そのためフタをきっちりと締めることが大切です。量が減ってくるとビンの中に常に空気が入っている状態になるので、長期間保存することは考えに早めに使い切るようにしましょう。
最良の状態で保存するならば、きれいに洗ったガラスビーズなどをビンの中に沈めて容量を多くし、香水がビンの口元までくるようにすると空気を出すことができます。


2.

直射日光に当たると変色してくるので、光の当たらない暗い場所に置きます。美しい香水のビンを飾るようにして見える場所に並べる人もいるかもしれませんが、その場合はすぐに使い切ることできるものかカラのビンにしましょう。


3.
温度
温度の高い場所や、温度変化が激しい場所は避けて、夏は涼しく冬は暖かい
一定の温度を保てるところが理想的です。

この3つの条件を考えると保存には冷蔵庫が最適な場所といえます。しかし頻繁に開け閉めをしたり、香水の香りや食べ物のにおいが冷蔵庫の中につく場合もあることから必ずしも適しているとはいえないでしょう。化粧品専用の冷蔵庫があるのが理想ですが、一般的にはそうもいきません。保存場所に注意してできるだけ早めに使い切るようにしましょう。

戻る
香水研究所